ブログ

現場の状況と情報に関する理解

「ダイバーシティ」をテーマに研修を行いました。

☑ジェネレーションギャップ
☑男女間
☑環境の違い
☑国籍の違い

働き方における環境変化のスピードが増す中で「現場で起こるギャップ」も増えています。

まずは身の回りの「環境の違い」を認識する事がとても大切です。
世の中の情報より「現場の状況と情報」に関する理解が少なすぎる印象です。
現場の状況を理解していないと課題がズレてしまう。

以前、離職が止まらない企業様の相談を受けた際にヒアリングしていると…
「離職は休憩室が原因に繋がっていると思います」
とお伝えしたことがあります。

休憩室が原因な理由

業務への支障

離職へ繋がっていること

離職後に考えられる予想

現場の状況を理解していないのでいくら研修したり指導しても意味がなく、負担は増すばかりです。
その位「現場の状況を認識する」時間は大切です。

研修では、
ダイバーシティ視点から「ジェネレーションギャップの認識と課題」をテーマに理解を深めました。

※午前の回風景

①職場内でのジェネレーションギャップについてどう認識しているか?
についてをグループ内で共有していきました。

研修時間は限られています。
グループ内で最優先に取り組みたい事例を選んでもらいます。

②ギャップを認識したうえで○○をどう改善していくのか?
ここは各グループが①を選んだ理由を含めて発表してもらいます。

***

現場でトラブルが起こっている場合に特徴があります。

例えば、
「これやっといて」と簡単な業務を部下にお願いしたのに反応が薄い。
又は思うように動いていないケース。

言い方が悪いとかではなく、ある特徴の違いで起こっているケースが多いです。
その特徴について事例を基にお話させてもらうと…

「○○と○○について凄く腑に落ちました…」
と職場での出来事をお話ししてくれました。

***

現場での情報不足が原因のケースが多い事から、
「類似での課題に対しある企業はこんな取り組みをしました…」
と情報提供を出来る限りさせてもらっています。

そうすると、
「うちの会社では出来る・出来ない」と選択しやすくなっていきます。

***

出来る限り「アイディアを具現化して発展させる」事をゴールにしています。

***

現場が出来る事を最優先にサポートさせて頂きます。
今週は某企業女性社員様向けに「女性目線のマーケティング研修」も行います。

男性社員の方向けにが多いのですが、
「棚卸し・考える・情報・共有・先を予測」等の作業を女性社員さんと一緒に考えていけたらと思っています。

***



Facebook コメント

Return Top